ピクションで絶賛公開中!
ファーストシーズンはこちら
タイトルタイトル

今回取り上げるのは、精巧な手書き風フォントが広まる中でも需要が減らない「筆耕士」のお仕事。手書きならではの魅力や苦労、技術の裏側をMCの二人が掘り下げていく。また、毛筆を使い慣れていない加藤さんが筆耕に挑戦。筆耕士の先生から「70点」と評価された賞状の筆入れ、その出来にも注目——(笑)

    • ゲスト写真
    • 筆耕士

      清水克信さん

    • 毛筆筆耕サービス「筆耕コム」代表。賞状技法士準1級、毛筆書写検定準1級などを持つ筆耕士。法人・個人を問わず、全国各地から筆耕依頼が舞い込む。
  • 手書きとは思えない精度
    まったくブレない文字の形
  • 清水さんが書いてくれた二人分の表題と名前を見て、「これぞ職人技」と感心する森永さん。
  • レポート写真
  • 地位のある人は
    看板を書きたがる!?
  • 霞ヶ関で見た風景のことを語り出す森永さん。思わず飛び出した突っ込みに、加藤さんは苦笑い。
  • レポート写真
  • 二度にわたる書き直し
    その理由とは——?
  • 名入れする時の「すずき」の文字には、ある秘密とルールが隠されていた。これには森永さんもビックリ!
  • レポート写真
  • 【加藤育実の職業体験】
    筆耕士のお仕事に挑戦!
  • 呼吸するのを忘れるくらい集中して臨んだ、生まれて初めての筆耕。自分の名前を書くのにも四苦八苦!?
  • レポート写真