ピクションで絶賛公開中!
ファーストシーズンはこちら
タイトルタイトル

「作業服を着た法律家」と言われることもある「土地家屋調査士」。士業の一つでありながら、時には汗と泥にまみれて作業をするこの職業、その中身を詳しく知っている人は少ないはず。従事する人さえも「知名度が低い」と自虐的に語る業界の裏話を通して、お仕事内容を深く掘り下げていく――。

    • ゲスト写真
    • 土地家屋調査士

      住谷和典さん

    • 土地家屋調査士すみや事務所代表。土地の境界問題、境界確定・測量、分筆登記、合筆登記、建物登記など、測量・登記全般業務を行っている。
  • 40代以上が90%以上!
    高齢化の理由とは!?
  • 土地家屋調査士の年代構成を見ると、20〜30代は8.9%。そんな高齢化の裏には知名度の低さが……!?
  • レポート写真
  • お仕事を依頼する時は注意!
    ○○が多いと高くなる!!
  • 番組恒例の「森永さんへの業界クイズ」。即答した森永さんに、加藤さんはニヤリ。果たして正解は!?
  • レポート写真
  • 大いにあり得るトラブル
    そんな時、土地家屋調査士は!?
  • 測量の精度が違うため、過去の図面と実測値が異なることはあり得るとのこと。そんな時の解決法は!?
  • レポート写真
  • 【加藤育実の職業体験】
    測量のお仕事に挑戦!
  • 使い方を覚えれば素人でも測量は可能と聞いて、加藤さんが挑戦。測量機器で変わったものを測ることに。
  • レポート写真